女性が和装で行く場合のマナーは?着物の種類に注意

結婚式に和装で出席する際の「振袖の種類」

社会人になると結婚式に招待される機会も多くなります。ドレスでの出席もいいのですが、和装は見た目にも華やかですし、和装での出席者が少なくなっているので喜ばれるでしょう。ただ、和装で結婚式に出席する場合、着ていける着物の種類が決まっているので注意が必要です。

挙式、披露宴に和装で出席する際には、「振袖」「訪問着」「黒留袖」を着用します。振袖は成人式に着用する大振袖と中振袖、小振袖があり、大振袖は袖の長さが115cmくらいで、振袖の中で最も格式のある着物です。中振袖は袖の長さが105cmくらい、小振袖は袖の長さが85cmくらいです。

大振袖は振袖の中で格式ある着物ですが花嫁さんも着用することがあるので、できれば中振袖や訪問着にする方がいいでしょう。中振袖を着ていく際にも、色や柄が花嫁さんと被らないか注意が必要です。小振袖は気軽に礼装を楽しめる着物となります。10代で結婚式や披露宴に参列するなら小振袖も素敵です。

いずれいしても、振袖を結婚式に着用していく場合、花嫁さんと色柄がかぶらないようにすべきです。また柄ですが、結婚式というおめでたい場所なので、縁起のいいものを選択します。帯は変わり結びをしたいので、全通柄・六通柄の袋帯を利用しましょう。

結婚式に訪問着・黒留袖を着ていく場合のマナー

振袖は未婚女性が着用する着物とされています。訪問着は既婚でも未婚でも着用できる着物で、準礼装となります。振袖はかなり目立ちますが、花嫁さんより目立たないようにと配慮するなら訪問着がいいでしょう。袖の長さは60cmとそれほど長くないので、食事をする際にも邪魔にならず着やすい着物です。おめでたいお席なので帯は袋帯を利用しましょう。

結婚式に親族として出席するのなら、黒留袖もおすすめです。黒留袖というと新郎新婦のご両親が着用するのでは?というイメージがありますが、実は身内であり「既婚女性」なら着ていけるのです。黒染袖は第一位礼装となるので格式の高い結婚式にもおすすめできます。

色留袖も5つ紋が入ったものなら第一礼装として着用可能です。紋が3つなら訪問着と同じ格になります。色留袖は格式を強調するのではなく、華やかさを出す着物ともいえます。帯は黒留袖と同じように喜びが重なるようにという願いを込めて、二重太鼓で結べる袋帯を利用します。

着物についてマナーをよく知らない方もいますが、着物を購入するときや、レンタルするときにスタッフの方に相談すればマナー違反となる着物になることはないでしょう。日本の伝統衣装ですから、海外の方の挙式などにぜひ着用してほしい衣装です。

© Copyright Cheap Weddings. All Rights Reserved.