女性が洋装で行く場合の服装は?マナーを抑えて華やかに

知らないと残念。結婚式のドレスでのNGマナー

お友達の結婚式や披露宴のご招待。うれしい反面、何を着ていこうか悩みますよね。女性はドレス等の洋装で出席する方が多いですが、結婚式で好まれないドレスのNGマナーがあるのはご存知ですか。年に数回しか着ないドレス、おしゃれを楽しみたいところですが、主役の新郎新婦をお祝いするために、マナーを守ることも大事です。結婚式に白系のドレスで、参加していませんか?白色は、結婚式の主役である花嫁さんの特権です。ウエディングドレスと同じ色になってしまう白色のドレスや照明で白色に見えてしまうクリーム色のドレスでの出席は避けたほうが無難です。

ドレスの色は、黒やグレーの落ち着いた色を選び、華やかなデザインのものでお洒落に着こなしましょう。総レースのワンピースは、落ち着いた印象と華やかさがあり人気です。また、高めにウエストリボンがついているタイプも脚をスラッとみせてくれます。華やかなドレスといっても、ミニスカートや胸元があいた露出が多い服、身体の線がはっきりと出るドレスはマナー違反です。夜の披露宴では、ミニ丈や露出の多い服でもマナー的には大丈夫ですので、お昼の結婚式は、色や、露出が多くないかチェックしながら華やかなで上品なものを選びましょう。

知らないと残念な結婚式の小物でのNGマナー

結婚式でのマナーには、細々としたものがたくさんあります。洋服だけではなく小物類にも気をつけてください。アニマル柄やファー付きのコートなどは、殺生をイメージさせるので、結婚式に相応しくなありません。靴や、バック、羽織物などちょっとした小物であっても、アニマル柄やファー付きのものを身に着けるのは避けましょう。また、キラキラした輝きすぎるアクセサリー、ティアラやお花のモチーフのアクセサリーもマナー違反です。主役はあくまでも花嫁さんですので、花嫁さんがつけるようなモチーフのアクセサリーは控えましょう。

結婚式での定番は、上品で華やかなパールのアクセサリーです。結婚式でも披露宴でも使用ができ、華やかにみせてくれます。デザインも大人なデザインから、かわいいデザインのものまで豊富にありおすすめです。夜の披露宴では、キラキラしたアクセサリーをつけても問題はありませんので、使い分けてもいいですね。また、結婚式で履く靴はミュールなどのつま先や踵のない靴はNGです。フォーマルな靴を選ぶようにしましょう。ストッキングを履かずに素足での参加もNGですので気を付けてください。きちんとしたマナーで結婚式の主役の新郎新婦をお祝いしましょう。

結婚式を格安で申し込めるプランは、専門式場やホテル、レストランなど色々なところで用意されており、演出にあまりこだわらなければ費用を最小限に抑えられます。

© Copyright Cheap Weddings. All Rights Reserved.