ロングヘアなら結婚式では髪型はアップにすべき?マナー上はどうなっているのか

結婚式での髪型のマナーはどうなっている?

結婚式にお呼ばれしたとき、どんな髪型にしようかと悩んだ経験のある女性は多いと思います。まず、NGな髪型はあるのか?そしてロングヘアの方は特に、自分でできるかどうかも気になるポイントですよね。

結婚式は、場合によっては新郎新婦の親族なども多数集まるため、正装が求められる場であると言えます。もしも友人のみが招待されているフランクな式だったとしても、新郎新婦にとって最高の一日となるように最低限のマナーは守らなければなりません。

ロングヘアの方は、ダウンスタイルだと食事中やお辞儀をした際に顔にかかってしまうことがあるため、はしたないとされる傾向があります。また、結婚式当日の主役は新郎新婦ですから、その二人よりも目立ってしまうような派手すぎる髪型もよくありません。

アップスタイルにすべきかどうかですが、最近はアップでなくても良いと考える人も増えてきています。髪が顔にかからない程度にまとまっており、見る人に清潔感を与えることのできる範囲であれば、ハーフアップなどでも問題ありません。

また、ヘアアクセサリーはあるだけで華やかに演出することができますので、付けることをおすすめします。もちろんこの時も、派手すぎるものはNGですのでご注意ください。さらに、ファーは動物の毛を使用していることから「殺傷」を連想させてしまい、縁起が悪いとされていますので、ファーの付いたアクセサリーは避けておくのが無難です。

ロングヘアの方におすすめの結婚式の髪型はこれ!

結婚式にお呼ばれした際、ロングヘアの方におすすめの髪型をご紹介していきます。

まず、アップスタイルです。
ロングヘアの方であればある程度髪のボリュームが出せますので、アップスタイルにすることでお祝いの場にふさわしい豪華な印象にすることができます。派手すぎるヘアスタイルはよくありませんので、いわゆる「盛り髪」のような髪型はNGです。清楚に髪をまとめ、顔回りの髪を少し巻くなどすると素敵に仕上がるでしょう。

続いて、ハーフアップも非常におすすめです。
アップスタイルだと自分でセットするのはなかなか難しく、美容院に行ってセットしてもらうという人も多いです。その点ハーフアップであれば、髪を結んで毛先を巻くだけでもお呼ばれスタイルが完成するため、初心者でも簡単にできる髪型です。最後に、ハーフアップの結び目を隠すようにバレッタなどのヘアアクセサリーを付ければばっちりです。

最後に応用編として、編み込みやくるりんぱをプラスすることでよりおしゃれで華やかな印象となります。美容院でセットしてもらうという方は希望のヘアスタイルを写真で持って行くと非常にスムーズです。セルフ派の方も、編み込みやくるりんぱを自分でやるための動画や簡単にできるようになるツールなども色々と出ていますので、慣れてきたらぜひチャレンジしてみてください。

従来の結婚式といえば何百万…そんなにかかるなら、と諦めていた新郎・新婦様いらっしゃいますよね。諦める前にまず知ることが大事です。結婚式が安い価格でできるんです

© Copyright Cheap Weddings. All Rights Reserved.