ボブやショートへの場合のアレンジ方法とは?ちょっとの工夫で華やかさアップ

短くても大丈夫。巻き髪やヘアアクセで華やかに

一生に一度の大イベント、結婚式!本番当日に向けて色々と準備をしていきますよね。ドレス選びやお料理の内容など、忙しいけれどもあれこれ悩みながら決めるのは楽しいものです。そしてもちろん、ヘアメイクも新婦がこだわる重要ポイントになるのではないでしょうか?当日に向けて髪を長く伸ばす人もいるようですが、ショートやボブヘアでもアップヘアは十分作れます。どんな風にしたいのか、美容師さんにリクエストして一緒に考えてもらいましょう!

例えばボブヘア。肩に少しつく長さでも、ちゃんとアップヘアにしてもらえます。顔周りの毛をねじりあげてピンでとめ、残りの毛をヘアアイロンやカーラーで巻けば、ゆるフワのかわいいアップスタイルが出来上がります。ショートヘアも同様に、耳にかけたり、編み込みにしたり、襟足の毛を引きつめるだけでアップ風に大変身!あとはヘアアクセサリーや生花をあしらえば、短い髪とは思えないくらい華やかなスタイルになるでしょう。「結婚式まで髪を伸ばす時間がない!」、「いつもショートヘアだから」という人でも、そのままの長さで顔周りにアレンジを加えるだけで特別感が演出できます。ドレスに合わせて大きめの生花をつけると、より華やかになることでしょう。

キレイな髪で結婚式を迎えよう

結婚式のアップヘアに限らず、なりたいヘアスタイルにするには「キレイな髪」であることが大切です。特に短い髪の場合、アップ風にするには逆毛を多くたててボリュームを出したり、スプレーで固めたりします。ロングヘアの人に比べると、少しリスクがあるかもしれませんね。普段からヘアカラーやパーマを繰り返し、毎日のスタイリングもバッチリ決めている人も少なくありませんが、くれぐれもやりすぎには注意しましょう。髪が傷んでしまっては、せっかくのヘアスタイルも台無しです。

和装スタイルの場合は、かつらを利用したり綿ぼうしを被ったりするので、髪の長さはそれほど気にしなくてもよいでしょう。その際はできれば黒髪にしておくと、より美しさが引き立ちます。最近はヘアカラーをしていて、明るい茶系の髪色の人が多いですが、和装にするなら少しトーンダウンした髪のほうがキレイかもしれませんね。真っ白な打掛と艶のある黒髪は本当にキレイです。お色直しでドレスにチェンジしても、ゆるフワに巻きなおしたり、アシンメトリーにヘアアクセサリーをつければ、黒髪でも全く違和感はありません。お肌のケアと同じく、髪もしっかり手入れして、最高の日を迎えましょう!

結婚式を安く行うためには、ジューンブライドの季節をあえて外す事です。あまり混雑しない時期を狙う事でコスパが良くなります。

© Copyright Cheap Weddings. All Rights Reserved.